ホームClair reveiller について


最初に…

クレルレヴェイエのホームページをご覧いただきありがとうございます。

特別に語れるような素敵なエピソードがあるわけではありませんが皆様にクレルの…
そしてマダムである私の想いが少しでも届くことを願いクレルレヴェイエの始まりを
綴らせていただこうと思います。

宜しければお付き合いください。

人生の岐路
当時、私は人生の複雑な岐路に立ち、大きな決断をしたばかりということもあり、
何よりも自分自身の居場所を見つけたかった!そんな傷心の時期にありました。

それでも、その大きな決断をしたことにより、思い半ばで果たせなかったことを形にすることが
自分の今後の人生の課題だと思い、再度自分の想いを込めたレストランを始めたいという気持ちになりました……。

偶然、ここ大平台という、空が明るくとても広く見えたこの場所と出会ったことをきっかけに、
自分の居場所が見つかったような思いを強く感じたのを今でも鮮明に覚えています。

そしてたまたま訪れたバリ島で、心を癒してくれるリゾートホテルのフレンチレストランと出会ったのも
ちょうどその頃のことでした。

広く、優しく、温かく、自分のすべてを受け止めてもらえたような、そんな独特な空間。その経験が強く心に残り、レストラン作りの思いへと……。

もちろん、そんな壮大な空間を私一人で形にするなど、到底できるわけがなかったのですが、せめて感じた気持ちだけ……心だけは……そうありたいと思うようになり……。

さらに賄い上手の田島シェフとの思いがけない再会に背中を押され、そして過去へのほんの少しの意地も手伝い とにかく夢中でレストラン作りをスタートさせることに……。

でも身内はまだ気持ちの落ち着かない私の想いに大反対!家族としては当たり前だったとは思いますが、そこから泣いたり、怒ったり、喜んだりの大忙し。新たな葛藤の日々のなかで諦めかけたこともありましたが、それでも自分の使命のように何かに突き動かされ、厳しさも現実もあえてすべて背負うことに…(あのパワーは一体どこから???今思うと人生の不思議な魔法にかかったようなそんな瞬間でもありました。)
未だに感謝をお返しすることがまだまだ出来ずにいますが、その時お力添えくださった方やお知恵をくださった方々との出会いは一歩、一歩、そして前へ……クレルへの道が少しずつ繋がっていきカタチになっていきました。

店名の由来

店名を決める時も、当時の自分に必要な言葉を膨大な単語が並ぶフランス語の辞書の中から探し出そうと気持ちだけはいっぱいいっぱいに…。その中から見つけた2つの言葉「clair」と「reveiller」。

本来フランス語的には成り立たないこの2つの単語をあえて一緒にしたのは、その時の私の気持ちにいちばん近い言葉だと思ったから……。"失った自分らしさを取り戻す、再起させる"……そんな願いを自分自身に込めたのかもしれません。

その時は自分の気持ちを優先させてしまいましたが、でも考えてみれば、それは誰もが皆抱えていることなのかもしれません。生きていくことの難しさだったり、つらさだったり……。そして時には優しさや笑顔すら見失ってしまうことも……。

心の奥底の深い思いまではうかがい知ることはできなくても、せめて「優しさと美味しさ」を融合させることで、何かお役に立てることがあるのではないか。クレルレヴェイエなりの表現で、心の元気を失くしてしまった人に、何かを感じていただくことができるのではないか……と。

クレルのコンセプト
店名の意味の捉え方を再度考え、ちょっと付け加えすぎ感はあるかもしれませんが「明るく楽しく清らかで素直な心を取り戻せる優しい空間」とあらためて意識しなおし、お店の想いとしてお客様と一緒に感じるコンセプトにできたらと思うようになりました……。

飲食の業界に対し深い学びはなかったものの、そのコンセプトを大切に料理に関してはフランス料理出身の田島シェフの考えを尊重し全てを一任。その他は私なりに専門料理分野での決まりごとやタブーをあまり気にせずインテリアも食器もファブリックも心地よいと思うものを集めお客様と共有出来るようなそんなお店作りに…

あれからずいぶん月日がたち、さまざまな気持ちの変化を経験しましたが、今では当時のような重苦しさはありません。私自身、ここに居場所ができたおかげで、穏やかで優しい気持ちになり、笑顔で日々を過ごせることをとても幸せに思っています。今はただただ、皆様に美味しく、楽しく過ごしていただける空間をご提供できることがなによりの喜びになっています。

今、そしてこれからのクレルのコンセプトとして、「優しさのヴェールに包まれた私の居場所は、温かな想いをさらに詰め込んで皆様の居心地のよい空間へ……そして居場所へ……」
と、そんなふうに感じていただけたらと思っています。

そっとクレルの扉を開けてお入りください。

シェフのまっすぐな想いのこもった温かな料理が皆様をお迎えいたします。いつも変わらないクレルからのご来店のご挨拶と同時に「おかえりなさい」そして「マダムのお家(うち)へようこそ」が心の声として皆様に届く……そんなレストランになれたら幸いに思います。

クレルレヴェイエを通じて繋がる皆様の思いを大切に……これからもずっと……。

クレルレヴェイエ マダム Aya ・Y

追伸
「マダム」という言葉から連想されるようなタイプの人間ではないので何年経ってもそう呼ばれるのは少々気恥ずかしい想いはいたしておりますが、クレルの全てが分かるのは……そして答えを探せるのは私だけと思っていますのでクレルマダム=クレルコンシェルジュとしてClair reveillerと皆様の架け橋となり、なにより一番近い存在でありたいと思っています。
皆様にお会いできることを心よりお待ち申し上げております。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

クレルのシェフ

シェフの想いを綴ってもらおうと思いましたが控えめな田島シェフは…………。
大変申し訳ございませんが、代わりに、そんなシェフの人為を感じていただけるようブログをリンクさせましたので、よろしければこちらをご覧ください。

クレルレヴェイエをご紹介いただく際に、代名詞のようになっている田島シェフの紅玉りんごのタルトタタン。
タルトタタン及びクレルのタルトタタンについて少しだけ説明を…
ご興味のある方はぜひご覧いただけたら幸いです。

クレルレヴェイエの紅玉りんごを使ったタルトタタンは10月後半から2月後半頃までお届けしている人気のレストラン・スイーツ。コースのチョイスにも組み
込まれていて焼き立ての熱々を自家製バニラアイスと一緒に召し上がっていただけるのが特徴。

期間中はテイクアウトも承っておりますので、贈り物やお土産としてはもちろん、ご自宅でたっぷりお召し上がりになりたいタルトタタンファンにもご愛顧いただいております。

現在、別の地域にお住まいのお客様より、以前食べた美味しさが忘れられないからと、たびたび発送のお問い合わせをいただくこともございます。大変申し訳ございませんが、発送などできる商品菓子ではないため、地元密着のスイーツとなっておりますことを、どうかご了承くださいませ。

クレルのタルトタタンも、材料は本国フランス同様、基本の4種類のみ。定義に忠実に、シンプルな仕上げになっております。ただ、生地だけは本場のものと少し違い、実はオリジナル。

いろいろなタイプのタルトタタンがある中でも、ちょっと可愛らしい仕上がりになるのがクレルタタンの特徴かもしれません。

シェフの親方でもあるSシェフの直伝ですが、りんごの煮詰め具合、キャラメリゼの濃度、生地の焼き具合、成型の仕方など、田島シェフの長年のこだわりが一つひとつ込められています。

10月、11月は採れたて紅玉りんごの酸味を生かした仕上げとなるため、口の中で酸味と甘さがはっきりと分かれている美味しさを楽しめます。

後半1月、2月は冷蔵貯蔵のりんごとなるため、酸味は少し飛んでしまっていますが、程よい酸味と甘さがマイルドに溶け合った美味しさを楽しんでいただくことができます。

お好みは人によってさまざまですが、時季的な微妙な変化もお楽しみいただけたらと思います。

レストランでお召し上がりいただく際には、田島シェフが毎日作る自家製バニラアイスクリーム、そしてオープン当時からタルトタタン専用の食器として活躍しているバリ陶器の器も外してはならない美味しさの大切なパーツになります。

いろいろな魅力を合わせて、クレルレヴェイエのタルトタタンをどうぞお楽しみください。

タルトタタンは、そもそもフランスのソローニュ地方ラモット・ブーヴロン(Lamotte Bouvron)の街にある、オテル・タタン(Hotel Tatin)が発祥です。
パリから電車で1時間半くらいの、ラモット・ブーヴロン駅の目の前にあるホテルです。

りんごと砂糖とバターをぽんぽん詰めてオーブンで焼き「はい、どうぞ!」というように単純明快な作り方で、あんなに美味しいお菓子ができ上がるのだから不思議です。

タルトタタンは失敗から生まれたお菓子として有名ですが、せっかくですので私なりにまとめてみた説明で、まずは簡単にタタンのことご紹介させていただきます。

「CarolineとStephanieのタタン姉妹が、ラモット・ブーヴロン駅のすぐ目の前にとても繁盛しているホテルを営んでいました。とりわけ狩人(味にうるさい人たち)にタタン姉妹の美味しい料理は評判だったとか。

ある時、お客と話し込んでいたStephanie(Carolineとの説もあり)が、厨房にデザートが何もないことに気がつきます。そこで大慌てでりんごの皮を剥き、型にバターと砂糖を詰め、火にかけました。ところが彼女ははっと気づきます。それはタルトでもないし、焼きりんごというわけでもありません……。

どうしよう!?すでにりんごは煮え始め、キャラメルのにおいも漂い始めています。デザートを出す時間は刻々と迫り……やり直すには遅すぎる! 

そこで彼女は生地を少し取って伸ばし、りんごにかぶせてそのまま焼いたのです。

こうしてタルトタタンが生まれたとのこと。たくさんの美食家たちがパリからこぞって汽車に乗り、タタンを食べに行ったという記録があり、ホテルのダイニングには「ここでタタンを焼いたのかな」と思わせる、クラシックな薪のオーブンが残されているそうです。

そして、その美食家たちがタタンをパリに持ち帰り、当時のパティシエによって洗練されて広まったというのが通説のようです。

タタンの定義は、十分な高さのある型を使い、上質なバターとグラニュー糖、ブリゼ生地を薄くのばしたものを使うこと。りんごは皮を剥いて種を抜き、4分の1切りに相当する大きさにカットすること(といってもフランスのりんごは全般的に日本のものより小さめです)。

さらに、クリームやジャムは禁止。サービス段階でのアルコールによるフランベも禁止されています。あくまで「りんご、バター、砂糖、生地、」だけとされているそうです。